天然わら納豆 ふくふく

わら納豆「ふくふく納豆」株式会社 フクダわら納豆の通販/販売は『ふくふく納豆』公式サイトへ

ご贈答用専用 納豆

 

新規会員様募集中 会員登録で 300ポイント進呈

 

直営店案内

 

商品カテゴリ

価格から選ぶ

コンテンツ

携帯ページ

HOME»  店長日記

店長日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

より美味しい納豆を求めて

藁により、いろいろな納豆菌があるこを知りました。それには膨大な労力と、永い時間を要しました。より美味しい納豆を造りたい、その一念で日本各地から稲藁を取り寄せてやってみた結果、今当社で使用してい稲藁は自然豊かな山間の田んぼの藁です。

2013-09-28 08:19:43

コメント(0)   |  トラックバック (0)

蝉を護って

今年も毎日家の屋敷で蝉が羽化しておりますが、その蝉は7年間も土の中にいてやっと羽化して空中に舞い自然を謳歌できるようになったと思ったら。その蝉を狙って捕食する野鳥の群れが朝早くから襲います。その蝉が安全に過ごせるように、今年は野鳥の嫌ういろいろな道具を、木にぶら下げたり、音を出したりして野鳥を追い払って、蝉の大合唱と共に夏らしい夏を過ごすことが出来ました。



2013-08-31 13:33:52

コメント(0)   |  トラックバック (0)

新しい稲藁

今年も自然豊かな山間の稲が黄金色に輝き、後20日ほどで待ちに待った新しい稲藁の納豆が、皆様の元にお届け出来ることが何よりも楽しみです。

2013-08-25 10:20:51

コメント(0)   |  トラックバック (0)

弊社の理念

弊社の前身は工業界であります。工業界での物造りの基本理念は、先ず、お客様に

信頼をされる製品を造ることであります。造る物は変わっても弊社の商品は未来永劫

この理念の下、お客様に安心して食べて頂けるものを造ってまいります。そのため大

豆は永年、農薬、化学肥料を使わない 「有機継続栽培認証」 の大豆を使っており

ます。

2013-08-19 11:57:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

大天元納豆に驚きの評価

ここに来て、新商品の 「大天元納豆」 の評価が大好評で、敏感なお客様の反応に驚きです。 「日本一美味しいと言われる納豆を造りたい」 その一念で、そのための、大豆を探し求め歩いた、永い間の苦労が遂に報われました。

2013-06-27 09:39:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

いいお客様

いい商品には、いいお客様が集まると言われておりますが。いいお客様とは?それは卓越した識力をお持ちの方々でございます。いい商品を作るための研鑽に継ぐ苦節十年の歳月が実り、ここに来ていいお客様からのご注文が急増しております。 「いいお客様に認められた」 こんな嬉しいことはありません。

2013-06-11 10:39:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

大天元納豆について

日本一美味しいと言われる納豆を造りたい。そのための大豆を探し求め、日本各地からいろいろな大豆を取り寄せで試作をを重ねる中、なんと,燈台元暗し遂に、地元の栃木県北部の或る小さな集落に何を作っても大変美味しい大豆を見つけました。まだ名前もなくあまりにも美味しい大豆なのでこれまで門外不出の極秘の大豆でありました。その大豆がこの度、初めて世に出ることになり、この大豆で造った納豆が超高級納豆 「大天元」、と「ふるさと豆乳」であります。

2013-06-10 11:46:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

食品の表示について

御存知ですか? 輸入の大豆に、国産の大豆が少しでも入っていれば「国産大豆」と

表示できることを?唯一消費者が商品を判断する手段であるラベルの表示です。

一体消費者は何を見て選べば良いのか?工業界出身の弊社の常識からすれば

論外の驚きです。この件は消費者の体を考えた時どうしても言っておかなければな

らないことなので繰り返し書きました。これは今問題になっている、T P P 、と密接な

関係にあるからです。

2013-04-22 08:32:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

納豆は自然 医食

納豆は昔から体に良いt食べ物と言われて来ましたが近年その具体的な効能がどんどん解明されてきております。納豆キナーゼで有名な須見先生が順次いろいろな薬効を発見し世界最高の医食品と絶賛しております。

2013-02-25 09:44:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

大豆の価格について

今年も大豆の栽培契約の季節がやってまいりました。毎年同じ生産者で、全く一切の農薬、化学肥料を使わない栽培のため大変な手間がかかるため、どうしても国産大豆の約四倍強の価格になってしまいます。

2013-02-22 10:04:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5